恋愛は究極に相手を想う、コミュニケーションを学ぶ場【インタビュー】


インタビューさせていただいた

立川 ルリ子さんの記事が掲載されました!



ルリ子さんは、夫が経営する会社が倒産し

借金返済と生活の為に

2児の子育てをしながら

ホステスとして働き、のちに起業。



経営していたラウンジでは

200名以上の女性達を魅力的に育て上げ、

7万人の男性が来店する人気店に。



その後、急性リンパ性白血病を患い

余命半年宣言をされ、

8ヶ月の闘病生活を乗り越え、社会復帰。



現在はひとりでも多くの女性が

悩みや苦しみではなく、

愛や希望に溢れた生き方を知ってほしいと

恋愛コーチとして活躍されています。



様々な困難を乗り越えられた方だからか

ルリ子さんの言葉は一つ一つ本当に深くて、

取材で伺おうと思っていた

お仕事や、専門分野である恋愛だけにとどまらず、

「生きる事」を考えさせられるインタビューとなりました。



▼前編

離婚を機に2児の子育てをしながら、ホステスに。新宿で人気店を複数経営していた「凄腕ママの仕事術」とは!?

離婚を機に2児の子育てをしながら、ホステスに。新宿で人気店を複数経営していた「凄腕ママの仕事術」とは!?【立川ルリ子さん、インタビュー前編】 | SoloPro ソロプロ

夫が経営する会社が倒産し、借金返済と生活のために2児の子育てをしながらホステスとして働き、のちに起業した立川ルリ子さん。経営していたラウンジでは200名以上の女性達をコーチングの技術で魅力的に育て上げ、7万人の男性が来店する人気店に。 インタビュー前編では、数々の困難を乗り越え、新宿で人気店を複数経営した半生を伺いながら、「凄腕ママの仕事術」について教えていただきました。 ◎立川ルリ子 夫が経営する会社が倒産し、借金返済と生活のために2児の子育てをしながらホステスデビュー。25歳より男性が心休める場所であるラウンジを経営。10年間にのべ7万人もの男性を接客し、男性心理に精通。のちに恋愛相談を受ける女性たちから「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題に。現在は、一般社団法人ウーマンパーソナリティ協会を立ち上げ、恋愛に悩む女性のための社会貢献事業など活動の幅を広げる。ユニークユーザー数110万人を誇る「恋愛ユニバーシティ」サイトでは、数カ月間コラムランキング第1位の人気講師。書籍も多数出版している。   公式ブログ:http://ameblo.jp/angeblanc-tokyo/ facebook:https://www.facebook.com/ruriko.tatsukawa ホステスになるしか選択肢がなかった ―ルリ子さんは21歳の時に、ホステスになられたんですね。お仕事を始めようと思ったキッカケはなんだったのですか? 旦那さんが経営する会社が倒産し最終的に離婚をしたので、単純に2人の子供にご飯を食べさせるため、生活のためでした。東京に頼れる人もいませんでしたし、すぐにお金がもらえる仕事を探すと、夜の世界しかなかった。それしか選択肢がなかったんですよ。 でも、まさか自分がこの仕事に就くなんて、思いもよらなかった。それまで縁のない世界だと思ってましたから。 ホステス初日は衝撃的でしたね。いきなり酔っ払いの団体客のオジさんたちの中に入れられて、何を話していいか分からなくて固まってしまって。下を向いていたら、黒服さん(水商売のお店で働くウェイターなどの男性)に呼ばれて怒られて、泣きながら帰った初日でした。 周りの状況を観察し自分のポジションを決める

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア


▼後編

白血病を患い余命半年宣告後、執筆した恋愛コラムが60万PVに!【恋愛コーチ・立川ルリ子さんに学ぶ、幸せな恋愛を引き寄せる3つの方法】

白血病を患い余命半年宣告後、執筆した恋愛コラムが60万PVに!【恋愛コーチ・立川ルリ子さんに学ぶ、幸せな恋愛を引き寄せる3つの方法】 | SoloPro ソロプロ

夫が経営する会社が倒産し、借金返済と生活の為に2児の子育てをしながらホステスとして働き、のちに起業した立川ルリ子さん。経営していたラウンジでは200名以上の女性達をコーチングの技術で魅力的に育て上げ、7万人の男性が来店する人気店に。 インタビュー後編では、その後白血病になり余命半年宣告され、辛い闘病生活を送った過去や、執筆した恋愛コラムが60万PVをたたきだし、書籍を出版したいきさつなどを伺いました。最後には、様々な困難を乗り越えてきた立川さんに「幸せな恋愛を引き寄せる3つの方法」も教えていただきました。 ▼インタビュー前編はこちら 離婚を機に2児の子育てをしながら、ホステスに。新宿で人気店を複数経営していた「凄腕ママの仕事術」とは!?【立川ルリ子さん、インタビュー前編】 ◎立川ルリ子 夫が経営する会社が倒産し、借金返済と生活のために2児の子育てをしながらホステスデビュー。25歳より男性が心休める場所であるラウンジを経営。10年間にのべ7万人もの男性を接客し、男性心理に精通。のちに恋愛相談を受ける女性たちから「必ず結果を出せるアドバイスがもらえる」と話題に。現在は、一般社団法人ウーマンパーソナリティ協会を立ち上げ、恋愛に悩む女性のための社会貢献事業など活動の幅を広げる。ユニークユーザー数110万人を誇る「恋愛ユニバーシティ」サイトでは、数カ月間コラムランキング第1位の人気講師。書籍も多数出版している。 公式ブログ:http://ameblo.jp/angeblanc-tokyo/ facebook:https://www.facebook.com/ruriko.tatsukawa 35歳で大繁盛のラウンジを閉店し、ネイルサロンをオープン ―新宿に複数店舗展開するほど人気だったラウンジを、35歳の時に閉店してしまったそうですが、それは何故ですか? もともと経営を始めた25歳の時に、どんなに儲かっても35歳で辞めるって決めていたんです。それは1つのことをずっとやるのではなく、色んなことを経験する人生にしたいから。でも辞めた後は何をするか、全然決めていませんでした(笑)。

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア



「こうすればモテる!」とか

「男性に○○してもらう方法」などなど


男性をコントロールするような

恋愛記事がちまたに溢れていて

なんだか違和感を感じていたけれど


ルリ子さんから

「男性をコントロールする恋愛は黒魔術のようなもの。

最初は上手くいくかもしれないけれど、

最終的にお互い幸せになれない。


自分が幸せになる為に

相手に何かをするんじゃなくて

相手の幸せを想い、行動することが愛」



というお話を聞いて、心にストンと腹落ちしました。



恋愛って、相手を究極に想う

コミュニケ-ションを学ぶ場なんですね。



特に女性に読んでもらいたい記事です。

インタビュー後、ルリ子さんと。

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000