世界で活躍するコピーライターで、アーティストの西村 麻里さんに

インタビューさせていただきました。


彼女って、本当にスゴいんです。


海外に全く人脈がなく、ゼロからのスタートだったのに、

今やニューヨーク、ロサンゼルス、ミラノ、ベルリン、台湾と様々な国で活躍されています。

  

「人生は短い。やりたいことは即行動!」

という言葉を体現されている、西村麻里さん。


「いつか◯◯出来たらいいなぁ」と思っている人って沢山いるけれど、

実際に夢を叶えている人って、やっぱり、みずから行動しているんだな。

彼女の話を聞いて改めてそう思いました。


私も頑張ろう(炎)


▼読んだら今すぐ行動したくなっちゃう、

西村麻里さんのインタビュー記事はこちら


「人生は短い。やりたいことは即行動!」世界で活躍するコピーライターでアーティスト・西村麻里さんの、ゼロからチャンスを作る方法 | SoloPro (ソロプロ) 個の「働き方」をアップデートするメディア

ニューヨーク、ロサンゼルス、ミラノ、ベルリン、台湾…etc。様々な国で活躍しているコピーライターでアーティストの西村麻里さん。しかし、独立後に進出した海外には人脈もなく、ゼロからのスタートでした。西村さんはどのようにして、海外で夢を叶えていったのか。その道のりを伺いました。 ◎西村麻里 コピーライター・クリエイティブディレクター/ アーティスト 広告代理店を経てコピーライター・クリエイティブディレクターとして独立。TCC、ACC、CLIO、ONESHOW等、国内外の広告賞受賞歴多数。アーティストMari Nishimuraとしても世界で活躍中。 facebook: https://www.facebook.com/mari.nishimura.750 問題児と言われた子供時代、自分の強みにフォーカスした ーーー西村さんは小さい頃、どんなお子さんでしたか? 子供の頃は独創的すぎて、突拍子もない行動をとっては周囲を困惑させてしまう子でした。保育園の時は、『メリーポピンズ』という絵本を読んで、主人公の女性が傘を持って空を飛ぶシーンに影響され、保育園の2階から傘を持って飛び降り、全治半年の複雑骨折を負ったり。小学校の時は、江戸時代の参勤交代に関する本を読んで、「江戸に行かなければ」とどこかに行ってしまったり。 集団生活に馴染めず、周りからは問題児扱いをされ、学校の先生には脳の病気なんじゃないかとまで言われました。学校に通うのは辛かったですね。だから人と群れずに一人で図書館にこもって本を読んだり、絵を描いていました。当時は辛かったけれど、今考えてみると、そうやって自分の世界に入り込むことが多かったからか、よく作文や絵で賞をもらっていました。すると「あの子はちょっと変な子だけど、作文や絵はすごい!」と、そこだけは認めてもらえるようになりました。次第に自分に自信を持つことができ、高校卒業後は、日本の美大やカナダのデザインカレッジで学びました。 広告代理店時代、世界では『日本らしさ』が武器になると知った

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000