「儲かるから」ではなく「情熱を注げる好きなこと」を選ぼう 【ベストセラー作家・宮本佳実さん×NY在住女性起業家・ひでこコルトンさん対談(1)】

本の出版を記念し、

ベストセラー作家の宮本 佳実さんと、NY在住の料理家で起業家のHideko Coltonさんに

「好きなことを仕事にし、自分をブランド化する方法」をテーマに対談していただきました。


▼今回の記事はその第1弾です


「儲かるから」ではなく「情熱を注げる好きなこと」を選ぼう 【ベストセラー作家・宮本佳実さん×NY在住女性起業家・ひでこコルトンさん対談(1)】 | SoloPro (ソロプロ) 個の「働き方」をアップ

「このまま今の仕事を続けてもいいのだろうか。」 「もっと私らしく、自由にやりたいことをして生きていきたいけれど、どうすれば……!?」 そんな風に思い悩む女性は多いのではないでしょうか。 そこでソロプロでは、「好きなことを仕事にし、自分をブランド化している」2人のカリスマ女性起業家の対談 in ニューヨークを企画! 「好きなことを、好きな時に、好きな場所で、好きなだけ」をコンセプトに、女性の新しい働き方、生き方(ワークライフスタイル)を発信されている宮本佳実さんは、2015年に著書『可愛いままで年収1000万円』を出版。以来ベストセラー作家の仲間入りを果たし、2018年4月には『大丈夫、あなたは「好き」を仕事にできるから。~人生のモンモン期をするりと脱出する方法~』を上梓されました。 またニューヨーク在住の料理家で起業家のひでこ・コルトンさんは、外資系投資会社に10年勤務した後、40代で全くの異業種である料理家に転身。主催する料理教室の生徒数は世界中で3000名を超え、現地の駐在員夫人やお忍びで通うセレブリティで常に満席!さらにティファニーやディオール、髙島屋などハイクラスな企業のフードコーディネートも手がけています。2018年7/4(水)には『ニューヨーク流 自分を魅せる力』を出版されました。 そんなお二人に、「好きなことを仕事にし、自分をブランド化する方法」をテーマに3回にわたって対談していただきました。 「好きなこと」を仕事にすると、なぜか上手くいく理由 ーー宮本佳実さんは、女性の新しい働き方、生き方を発信されるワークライフスタイリスト、ひでこコルトンさんはニューヨークで活躍されている料理家。それぞれやっていることは違うものの、「好きなことを仕事にし、自分をブランド化している」という共通点があると思います。今日はそんなお二人に色々伺っていきたいと思いますが、まずはなぜ今のお仕事をしようと思ったのか聞かせていただけますか?

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000