売るのが難しいエッセイで、異例のヒット!作家・岡田光世さんから聞いた、夢を叶える秘訣とは【前編】【インタビュー】

ベストセラー作家・岡田 光世さんに

インタビューしました!



ビジネス書やハウツー本と違い、

なかなか売れない

難しいジャンルであるエッセイで

「ニューヨークの魔法シリーズ」が異例のヒット!



2016年12月1日にはシリーズ第7弾となる

「ニューヨークの魔法の約束」が発売され、

シリーズの累計は35万部を突破しました。



そこで今回は、作家・岡田光世さんが

夢を実現するために、

これまでどのような道のりを歩んできたのか。

夢を叶える秘訣をうかがってきました。



▼インタビュー記事はこちら

売るのが難しいエッセイで、異例のヒット!作家・岡田光世さんから聞いた、夢を叶える秘訣とは【前編】 | SoloPro ソロプロ

ビジネス書やハウツー本と違い、なかなか売れない難しいジャンルであるエッセイで「ニューヨークの魔法シリーズ」が異例のヒット!2016年12月1日にはシリーズ第7弾となる「ニューヨークの魔法の約束」が発売され、シリーズの累計は35万部を突破しました。 そこで今回は、岡田光世さんが夢を実現するために、これまでどのような道のりを歩んできたのか。夢を叶える秘訣をうかがってきました。 ◎岡田光世 東京生まれ。青山学院大学卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。読売新聞米現地紙記者を経て、作家・エッセイストとなる。 高校、大学時代に1年間ずつ、アメリカのウィスコンシン州とオハイオ州に留学し、1985年よりニューヨークに住み始める。今もニューヨークと東京を行き来しながら、執筆を続けている。 著書には、ニューヨークの街の温かい触れ合いを描いた「ニューヨークの魔法」シリーズ、まんがで現地の生きた英語表現を学べ、同時にニューヨークの文化や習慣を知ることができる人気のシリーズ「奥様はニューヨーカー」など多数。 ・公式HP ・公式Facebookページ ・新作著書 作家になる夢を胸に、ニューヨークの新聞社で記者に もともと英語が大好きで、英語の先生になるべくアメリカの大学に留学していたという岡田さん。しかし大学時代に初めて英文で書いた、エッセイと短編集で賞をもらったことが自信に繋がり、作家になる夢をもったそうです。 大学院に進学してからはクリエイティブ・ライティングを学び、卒業後はニューヨークの新聞社で記者になりました。 就職活動の採用面接では「仕事が早く終われば、小説を書いても何をしてもいいんだよ」と言われたので入社したのに、初日から早速取材に行きなさいと言われ、会社を去ったのは深夜2時でした(笑) 新聞記者時代に学んだこと 私は、もともととても人見知りでしたが、今、平気で知らない人に話しかけられるようになったのは、新聞記者時代の経験があるからかもしれません。 記者はどんな人とでも対等に話せる職業。それは、アメリカ人との関係にも似ています。日本では年齢や立場によって対応を変える傾向があるので、相手がどんな人か探りをいれるところがありますよね。でも、アメリカ人は年齢や立場に関係なくコミュニケーションをとります。

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000