ベストセラー作家・岡田光世さんに学ぶ、人の心をひらく「聞く力」とは!?【後編】【インタビュー】

ベストセラー作家・岡田 光世さん

インタビュー第2弾!


前編記事に続き、後編では

なかなか売れない難しいジャンル

と言われるエッセイで、


なぜ「ニューヨークの魔法シリーズ」が

ベストセラーになったのか。


その理由を伺ってきました。


▼インタビュー記事はこちら

ベストセラー作家・岡田光世さんに学ぶ、人の心をひらく「聞く力」とは!?【後編】 | SoloPro ソロプロ

ビジネス書やハウツー本と違い、なかなか売れない難しいジャンルであるエッセイで「ニューヨークの魔法シリーズ」が異例のヒット!第1弾を皮切りに、第2弾、第3弾と次々と出版され、2016年12月1日には第7弾が発売。シリーズの累計は35万部となりました。「エッセイでここまで版を重ねるのは異例」と編集者をも驚かせている本シリーズ。では、なぜここまでヒットしたのか、前編記事に続き後編ではベストセラーが生まれた理由に迫っていきたいと思います。 ◎岡田光世 東京生まれ。青山学院大学卒、ニューヨーク大学大学院修士号取得。読売新聞米現地紙記者を経て、作家・エッセイストとなる。 高校、大学時代に1年間ずつ、アメリカのウィスコンシン州とオハイオ州に留学し、1985年よりニューヨークに住み始める。今もニューヨークと東京を行き来しながら、執筆を続けている。 著書には、ニューヨークの街の温かい触れ合いを描いた「ニューヨークの魔法」シリーズ、まんがで現地の生きた英語表現を学べ、同時にニューヨークの文化や習慣を知ることができる人気のシリーズ「奥様はニューヨーカー」など多数。 ・公式HP ・公式Facebookページ ・新作著書 大切なのは「聞く力」!? なぜ人は著者にだけ心を開いて、とっておきのエピソードを話すのか 「ニューヨークの魔法」シリーズには、ニューヨークで暮らしている人達と交わされた、心があたたまるエピソードがたくさん詰まっています。 そんな文章を書くためには、初対面の人から素敵なストーリーを引き出す「聞く力」が必要なのでは!? ということで、まずはその秘訣をうかがってみました。 岡田さん流「聞く力」(1)まず自分が素になること まずは自分が素になることが一番大事なんじゃないかと思います。言葉は丁寧だけれど、本心は何を考えているか分からない人って話していて不安になりますよね。でも自分を隠さずオープンに接すると、相手も心を開いてくれるようになると思います。 でも、私が嬉しい時も悲しい時もそのまま表現するからか、夫には「光世は喜怒哀楽が激しい」って時々言われちゃうんですよね(笑)。 本当はどう思っているか分かりにくい人は、コミュニケーションがとりにくいですよね。だからこそ、自然体で感情をそのまま表現している岡田さんは、相手にとってもコミュニケーションがとりやすいのかもしれません。

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000