選ばれる私になる! 自分を魅せる方法 【ベストセラー作家・宮本佳実さん×NY在住女性起業家ひでこ・コルトンさん対談(2)】

本の出版を記念し、

ベストセラー作家の宮本 佳実さんと、NY在住の料理家で起業家のHideko Coltonさんの対談が実現!


第2回目は、「選ばれる私になる!自分を魅せる方法」についてお話いただき、それを記事にまとめました。


▼対談記事はこちら


選ばれる私になる! 自分を魅せる方法 【ベストセラー作家・宮本佳実さん×NY在住女性起業家ひでこ・コルトンさん対談(2)】 | SoloPro (ソロプロ) 個の「働き方」をアップデートするメディア

今回ソロプロでは、「好きなことを仕事にし、自分をブランド化している」2人のカリスマ女性起業家の対談 in ニューヨークを企画! 4月に『大丈夫、あなたは「好き」を仕事にできるから。~人生のモンモン期をするりと脱出する方法~』を出版されたベストセラー作家の宮本佳実さんと、7/4(水)に『ニューヨーク流 自分を魅せる力』を上梓されたNY在住の料理家で起業家のひでこ・コルトンさん。 お二人は、普段どのように自分をプロデュースをし、夢を実現されているのかーー。 対談の第2回目は、「選ばれる私になる!自分を魅せる方法」についてお話いただきました。 対談第1回目:好きなことを仕事にし、自分をブランド化する方法 同じメッセージを伝え続ける ーー対談の第2回目では、セルフブランディングについてうかがっていきたいと思います。まず、ブランディングで意識されていることはありますか? 宮本佳実さん(以下、宮本):覚えてもらうまでに時間がかかるので、どれだけ同じメッセージを伝え続けるか、ということを意識しています。「この人は、こういうメッセージを伝えている人だ」と完全に理解してもらうまで、SNSでも同じことをコンコンと言い続けるんです。 なぜかみなさん、SNS等で発信をしようとすると、「違うことを書かなければ!」「いつも新しい情報を書かなければ!」と思っていらっしゃる方が多いんですけど、本当は同じようなことをずっと言い続けなければいけないんですよね。読者はそれを求めているんです。 ひでこコルトンさん(以下、コルトン):確かにそうですね。私はニューヨークのおもてなし料理教室をやっているので、世界のトップ、クリエイティブ、モダン、都会的、インターナショナルなど「ニューヨークのおもてなし」に返ってくるような世界観を発信しています。 なのに、もし急に子供向けのデコスイーツのレッスンを企画するなどブランドイメージとまったく違うことをしたら、生徒様もビックリされてしまいますし、期待を裏切ることになってしまうでしょう。 宮本:以前、『売れる私になる方法』という本にも書いたんですけど、私はこれを『あだち充理論』って呼んでいるんです。あだち充さんの漫画といえば、『タッチ』とか『H2』とか。どの作品も絵のテイストは変わらないし、青春の甘酸っぱいロマンスというのも一緒。読者はあの世界観を求めているんですよね。

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000