可愛いままで年収1000万!宮本佳実さん流「好き」を仕事にする方法【インタビュー】

「好きなことを、好きなときに、

好きな場所で、好きなだけ」をコンセプトに、

女性の新しい働き方・生き方を発信されている宮本佳実さん。


2015年には「可愛いままで年収1000万円」

というインパクトあるタイトルの本を出版し、

ベストセラー作家の仲間入りを果たしました。


インタビュー前編では普通のOLだった宮本佳実さんが、「好き」を仕事にするまでの道のりを伺ってきました。

▼インタビュー記事はこちら

可愛いままで年収1000万!宮本佳実さん流「好き」を仕事にする方法【インタビュー前編】 | SoloPro ソロプロ

「好きなことを、好きなときに、好きな場所で、好きなだけ」をコンセプトに、女性の新しい働き方・生き方(ワークライフスタイル)を発信されている宮本佳実さん。2015年には「可愛いままで年収1000万円」というインパクトあるタイトルの本を出版し、ベストセラー作家の仲間入りを果たしました。インタビュー前編では普通のOLだった宮本佳実さんが、「好き」を仕事にするまでの道のりを伺ってきました。 ◎宮本佳実 愛知県出身。高校卒業後、アパレル販売員、一般企業で人事・受付を経験し、25歳で司会者の道へ。その後28歳で起業し、パーソナルスタイリストとして名古屋駅近くに「女性のためのスタイリングサロン ビューティリア」をオープン。現在はワークライフスタイリストとして全国各地でセミナーや講演会を開催し、女性の新しい働き方・生き方を伝えている。 公式HP:http://yoshimimiyamoto.com/hp/ ブログ:http://ameblo.jp/beauteria/ 小さい頃から、やりたいことは全部やる子だった ― 宮本佳実さんは、子供の頃どんなお子さんでしたか? 小さい頃から何でもやる子でした。やりたいことは全部やるけれど、面白くないと思ったらすぐ辞めちゃう(笑)。当時はどちらかというとそれは欠点だと思っていました。 でも今、ワークライフスタイルのセミナーで、何か始めたいけれど勇気が出ないという女性たちに「投げる球は軽く、そして数を多く!」とお伝えしています。振り返って考えてみると、子供の頃からそれを実践していたのかもしれません。 1回始めたら続けなければいけないと思うと、なかなか一歩が踏み出せない。でもまずは色々やってみて、何か違うなと思ったらすぐ辞めてもいいって思うと、気軽にチャレンジできると思うんですよね。 OLを辞めて司会者になったけれど そんな性格だったので、これまで色んなお仕事をしました。高校卒業後はアパレルの販売員、一般企業で人事や受付の仕事をしていました。 その後は25歳でフリーランスの司会者になりました。キッカケは友達の結婚式の二次会で司会をしたら、「話すのが上手だね」と好評だったこと。また色々調べてみたら、OLからスクールに通って司会者になっている人もいたので、私にもできるかなと思ったんですよね。そこで会社を辞め、司会者の道を進み始めました。

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア


インタビュー後編では、そんな宮本佳実さんの仕事論について伺いました。

▼インタビュー記事はこちら

週休5日、実働10時間!ゆるふわキャリアは「本当にしたいこと」をするため。宮本佳実さんに学ぶ仕事論【インタビュー後編】 | SoloPro ソロプロ

「好きなことを、好きなときに、好きな場所で、好きなだけ」をコンセプトに、女性の新しい働き方・生き方(ワークライフスタイル)を発信されている宮本佳実さん。2015年には「可愛いままで年収1000万円」というインパクトあるタイトルの本を出版し、ベストセラー作家の仲間入りを果たしました。インタビュー後編では“好き”を仕事にする極意について伺ってきました。 インタビュー前編 可愛いままで年収1000万!宮本佳実さん流「好き」を仕事にする方法 ◎宮本佳実 愛知県出身。高校卒業後、アパレル販売員、一般企業で人事・受付を経験し、25歳で司会者の道へ。その後28歳で起業し、パーソナルスタイリストとして名古屋駅近くに「女性のためのスタイリングサロン ビューティリア」をオープン。現在はワークライフスタイリストとして全国各地でセミナーや講演会を開催し、女性の新しい働き方・生き方を伝えている。 公式HP:http://yoshimimiyamoto.com/hp/ ブログ:http://ameblo.jp/beauteria/ 儲けるを基準にしない! ― お仕事をする上で、意識していることはありますか? 好きなことをやる、好きじゃないことはやらない。あとは儲けるを基準にしないことですね。 もちろん利益が出ないとか、生産性のないことは好きではありません。でも儲かるけれどやりたくないことは、やらない。逆に儲からなくてもやりたければ、やります。 例えばブログを書くことは収入にはなりませんが、それは私にとってお金を払ってでもやりたい好きなこと。また本の出版って実はそこまで儲からないけれど(笑)、私は文章を書くことが好きだからやっているんです。 メリットがあっても、やりたくなければやらない! ―例えその他のメリットがあったとしても、好きなこと以外はやらないんですか?

SoloPro|個人事業主(フリーランス)・起業家、"ソロ" で働く人のライフスタイルを良くするメディア

Sameko's Official Website

ニューヨーク在住ライター鮫川佳那子(さめこ)のオフィシャルサイトです。執筆記事や掲載情報、企画運営をしているNY在住女子コミュニティ「ニューヨーク女子部♡」の活動などをUPしています。

0コメント

  • 1000 / 1000